会社案内Company

社長の挨拶

物流に求められているもの・・・その答えは決して一つではありません。

ニーズの数だけ答えがあるからです。時代の進化に伴い、社会の情勢が目まぐるしい変化を見せている今、物流は企業戦略の一環、 そして情報集積の先端に位置するものとして考えられます。「荷物」を移動させる手段としてではなく、「時代」を動かす存在が求められているからです。
より大きなスタンスでの対応が求められているからです。

阪神協同作業ではこうした時代性を読み港湾荷役作業、国際海上コンテナー輸送だけではなく、 グローバル化に伴う各種企業へのサービスの充実、 高い安全性を実現する為にスムーズな海陸複合一貫体制の物流ラインの確立を目指す事でお客様の様々なニーズに対する様々な答えを用意する事が出来るのと確信しています。

阪神協同作業はこれからの時代に真に求められる企業として物流の新しいNEXTを実現させるためにトライを続けます。

阪神協同作業株式会社
代表取締役 寺本英治

ページ上部へ